ガンいろいろ・ガン保険いろいろ

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

がん経験者が加入できる保険もある

万が一の事態の際、その保障が非常に心強い存在として頼りになるがん保険――しかし、当然のことながら誰でも無条件にそれを利用すべく加入できるというわけではありません。
改めてそのあたりのことを説明しますと、今まさにがん闘病中の方は言うまでも無く、加えて過去にがんを患ったことのある方等も基本的に加入できないということになっています。
やはりそもそも保険というものは、「今現在はまだそれに遭遇していない」加入者それぞれが、「いずれもしかしたら起こるかもしれない事態」を想定して、少しずつお金を出し合い一大事に備え、相互に扶助するというシステムが前提であり、またそれは疎かにしてはいけない大切な根本でもあったりもします。
「すでに起こっている事態」あるいは「(必ずしも低くはない確率で)再び起こりかねない事態」までをカバーするとなると、公平性の秩序が保たれづらくなるという、ともすればシステムそのものを破綻へとつながる重大な欠陥を生じてさせてしまいかねません。
だからこそ、ある意味非情な一面とも言えますが、諸条件を設けてハードルを設定することにより、最悪の状況を防ぐべく、そうした公平性の維持に努めているのです。
ご存知のように、がんは一度罹患すると、どうしても後々の再発や、別部位への転移等のリスクが伴います。
もちろん医療の進歩により、完治も充分望めるようにはなりました。
しかし、それでもやはりリスクがゼロというわけではないのです。
ですから、こうしたがん保険の「原則」も、ある意味致し方の無いことなのかも知れません。
とはいえ、近年、「がんになったことがある人」でも加入できるがん保険も徐々にではありますが増えてきました。
がん経験者同士による「相互扶助」という観点から考えれば、通常のがん保険の前提条件同様に、これも充分に成立し得るからでしょう。
ただし、保障の内容は通常のがん保険とは少々異なり、いわゆる「がん診断給付金(がんと診断された時に支払われるまとまった額の給付金)」の補償は存在しないようです。
が、その代替的な存在としてオプションでまとまった形での入院時に一時金を支払う制度が設けられているものや、あるいは乳がん経験者に特化したがん保険(乳がん以外のがんも保障対象)などもありますので、加入を考えておられる方は一度詳しくそれらの保障内容をチェックしてみてください。
もちろん、こうした「新たな」がん保険にも加入のためにクリアしなければならないいくつかの条件はあるのですが、それでもこの今までにはなかった皆を笑顔にする保険会社の試みは、素晴らしき前進であり、かつ、大いに賞賛すべきものであると言えます。
Search


Copyright (C)2017ガンいろいろ・ガン保険いろいろ.All rights reserved.