ガンいろいろ・ガン保険いろいろ

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

がん保険の「待ち期間」をご存知するか

「待ち期間」というものをご存知でしょうか。
これはがん保険特有の制度で、加入が完了して以降も一定の期間内――一般的に90日(3ヵ月)の間は、もし加入者にがんが発覚したとしても給付金は支払われません。
保障が無効化するのです。
大事な保険になぜこういうシステムが導入されているのか、少し説明させていただきます。
そもそも、がん保険とは皆さんが「今は健康だけれども、もしかしたら将来がんになってしまうかもしれない。
その日のために備えておこう」と、それぞれが保険料を出し合い支えあうことで成立しているシステムです(これはがん保険に限らず、生命保険系全般に対しても言えます)。
しかし、がんの初期というのは往々にして自覚症状がなかったりするものでもあり、であるからこそ、自分ががんに罹患していることを全く知らず、今は健康であると告知して加入してしまう――といった事態が起こらないとも限りません。
あるいは、がんに罹患していることを知っていながら(もしくは「これはがんかも知れない」という自覚症状に気づきつつ)、あえてそれを偽り、いわば「間違いなく保険金・給付金をもらうために」確信犯的にがん保険に加入しようとする人もいるかも知れません。
そうした人々をも保障対象にして、もれなく給付金を支払ってしまうと、保険というシステムを成立させるための「加入者による負担の公平性」という大切な根幹が崩壊してしまいます。
それを防ぐため、がん保険には「待ち期間」という、いってみれば「システム保護し、本来対象とすべき加入者への保障を守るため」の特殊な仕組みが設けられているのです。
ちなみに補足しますと、言うまでもないことですが、生命保険に加入する場合、必ず自分の過去の病歴や現在の身体の状態を、保険会社に対して正確に告知しなければなりません。
これを「告知義務」と言います。
上記したような「自分ががんであることを知りつつ」それを偽って告知書などを作成すると、告知義務違反となり、契約は無効となったり解除されてしまったりします。
ですから、いずれにしても、がん保険加入を考えておられる場合は、まずそれよりも先に自主的に人間ドック等であらゆる方面の検診を受けてみた方がよいかもしれません。
それで自らの健康状態を改めて確認できれば、なにより自分のためになりますし、意図的ではなく知らず知らずの告知義務違反に陥ることも防げます。
なお、加入希望者の健康状態への判断基準は各会社によって異なりますので、あらかじめ各がん保険の仔細をいろいろと調べておきましょう。
Search


Copyright (C)2017ガンいろいろ・ガン保険いろいろ.All rights reserved.