ガンいろいろ・ガン保険いろいろ

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

生きるため闘うための保険でがんに備える

もうすでにちゃんとした医療保険に加入しているのだから、わざわざ別にがん保険への加入を考えなくてもよいのでは――そうお思いの方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんね。
しかし、ちょっとお待ちください。
4番バッターとエースピッチャーの役割がそれぞれ異なるように、通常の医療保険とがん保険とでは、やはり「守備範囲」が大きく異なります。
ここではそのことについて、少しお話してみましょう。
確かに医療保険は、予期せぬ病気や怪我の際に大いに活躍してくれる「オールラウンドプレイヤー」ですが、そんな「名手」であってもいささか手に余りかねない疾病であるがんに対しては、いわば「専門職」的に生み出されたがん保険の方が、当然、非常に効果的な機能を果たしてくれるのです。
餅は餅屋という言葉もありますが、がんに備えるなら間違いなく、がんに特化した保障が充実しているがん保険への加入を優先的に考えるべきなのです。
では、その(およそ一般的な)主な保障内容についての概要を説明してまいります。
まず、「がん診断時給付金」というものがあります。
これは、がんと診断された時点で被保険者に給付金が支払われる保障であり、金額もそれなりにまとまったもの(100万円、200万円等、各商品やプランにより様々です)が設定されています。
がんに罹患してしまったら、やはりしばらくはそれまでのように働いたりすることも出来ませんので、まとまった金額が得られるこの保障は非常に心強いものであると言えます。
「がん入院給付金」とは、がんによる入院時、1日につき一定の金額が支給されるものであり、長期入院の場合を考慮し、その日数設定は無制限である形が一般的です。
もちろん、手術時や退院後の通院を対象とした「手術給付金」や「通院給付金」といった保障もそれぞれ充実しています。
また、がんの先進医療や抗がん剤治療に対応したがん保険もありますので、そういったところにも注目してみてください。
さて、がん死亡時の保障を約するものもありますが、これに関してはあまり重視しなくてもよいのではないでしょうか。
そもそも、がん保険は「がんと闘うための力強い味方」として機能するものです。
治療のための、生きるための保険なのです。
ですから、もし、それこそすでに別のいわゆる通常の死亡保障保険に加入しているのであれば、それで十分です。
加入しようと思っているがん保険にそれがあった場合は、その保障を除外し、保険料を抑えてむしろその分を貯蓄に回す――というのも、ひとつの賢明な方法であるのかも知れません。
Search


Copyright (C)2017ガンいろいろ・ガン保険いろいろ.All rights reserved.