ガンいろいろ・ガン保険いろいろ

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

健康と幸せは地続く

自分の身体や病気に対してひどく無頓着な人がいます。
日頃の摂生はもとより、「別に倒れても構わない。たとえ、がんになったとしても、そうなったらなったでその時だ」というような方針を平気で実践しているタイプの人です。
そういう人は、得てして「自分の身体なんだから、どう扱おうと自分の勝手」、「面倒な摂生をしてまで健康でいようとは思わない」といったようなことを嘯いてみたりもします。
実は知り合いにこのタイプの人間がいますが、彼は本当に奔放で、今のところ、もちろんがん保険などにも加入していません。
一見、豪放磊落な性質に見えがちなこのタイプ、しかしその実、恐れから現実の直視を拒み、もしもの時の自分の「本当のあり方」を想定することすら忌避しているとも受け取れます。
上記の「自分の身体なんだから、どう扱おうと自分の勝手」タイプの方が、家族を持っているような場合は、更に問題は深刻と言えます。
あなた一人の身体じゃない――というセリフはよく妊婦さんに対して言われたりしますが、これはそれ以外の誰にでも当てはまる、ひとつの真理なのです。
たとえば、もし、あなたががんに倒れたら、家族はどうなるのでしょう。
働き手である場合は、もちろん収入が激減します。
転移や再発もありうるがんは、いずれにしても覚悟としては長期の治療をも辞さず立ち向かわねばならない病気です。
「なったらなったでその時だ」の精神では、当然、他の家族の生活も崩壊してしまいます。
だからこそ、常日頃から健康に留意しておかねばならないのです。
だからこそ、がん保険というものに対しても自覚的になって真摯に向き合わねばならないのです。
がんにかかわらず長期に渡る闘病生活において、いささか現実的で生々しい話ではありますが、身体やこころのみならず、経済的な面においてもダメージは甚大となります。
そうなってから「がん保険に入っておけばよかった…」などと後悔しても後の祭りです。
もちろん、結局は杞憂に終わり、保険には入ったもののずっと元気なまま――というパターンも充分考えられます。
しかし、それこそ「そうなったらなったでその時だ」の精神で、よかったよかったと皆で談笑の種にすれば良いではないですか。
「備えあれば憂いなし」――間違いなく精神面においても健康的でいられるはずです。
もちろん、経済面での支えとしても活躍してもらうためのものなのですから、保険料の支払いで普段の生活が苦しくなるような状態もまたいただけません。
そうならないように、しっかりと見積もりをしておきましょう。
保険会社のサイトによっては保険料の試算等が出来るページもありますから、そういうところを利用してみるのもいいでしょう。
いずれにしても、あなたの健康は皆の幸せと地続きであることを心得ておいてください。
Search


Copyright (C)2017ガンいろいろ・ガン保険いろいろ.All rights reserved.